中国語Chinese

検定試験の紹介

日本の中国語検定試験と中国政府(教育部)の公認試験HSKについて紹介します。

中国語検定

中国語検定とは、日本中国語検定協会 が主催する中国語検定試験の通称です。日本国内においては、中国語能力を測る指標として使われることも多い試験です。試験は筆記形式で、各級とも聞き取り(リスニング)試験を含みます。

一年に三回、 それぞれ3月、6月、11月に行われ、準4級から1級まで6レベル。
各級の認定基準は以下のとおり。

準4級
中国語学習の準備完了
学習を進めていく上での基礎的知識を身につけていること。
4級
中国語の基礎をマスター
平易な中国語を聞き,話すことができること。
3級
自力で応用力を養いうる能力の保証(一般的事項のマスター)
基本的な文章を読み,書くことができること。
簡単な日常会話ができること。
2級
実務能力の基礎づくり完成の保証
複文を含むやや高度の中国語の文章を読み,3級程度の文章を書くことができること。
日常的な話題での会話が行えること。
準1級
実務に即従事しうる能力の保証(全般的事項のマスター)
社会生活に必要な中国語を基本的に習得し,通常の文章の中国語訳・日本語訳,簡単な通訳ができること。
1級
高いレベルで中国語を駆使しうる能力の保証
高度な読解力・表現力を有し,複雑な中国語及び日本語(例えば挨拶・講演・会議・会談など)の翻訳・通訳ができること。

HSK

HSKとは、「漢語水平考試」(Hanyu Shuiping Kaoshi)の通称で、中国政府が行う、中国語を母国語としない中国語学習者を対象とした中国語能力試験です。中国の国家漢語水平考試辦公室(国家汉语国际推广领导小组办公室,略して国家汉办)が中国国内外でHSKを主催し、HSK証書(漢語水平証書)を発行しています。全世界で875か所以上、118の国と地域で実施され、受験者が最も多い中国語の検定試験として広く認知されており、中国語のTOFEL/TOIECと考えればイメージしやすいでしょう。レベル設定は初級レベルの1級から上級レベルの6級まで6段階に分かれており、幅広い学習段階の学習者の中国語能力を測定することが可能です。

そしてHSKのもう一つ重要な特徴は、世界のどの地域でも適切な評価を受けることができるよう、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠組み)という世界共通の基準に準拠するよう設計されています。中国語語学検定だけでなく、他の言語検定と正当に比較できるようレベル設定がされています。

HSKの各級とCEFR基準の対照関係は、HSK日本実施委員会の 公式サイト で確認できます。

日本においては、中国国家汉办から委託を受け、一般社団法人日本青少年育成協会の内部組織にあたるHSK日本実施委員会が運営しています。HSKの詳しい情報については、当委員会の 公式サイト をご参照ください。

ソーシャルメディア