イスパニア語Spanish

授業の紹介

※履修登録に際しては、『履修要覧』も必ず確認してください。

  1. 総合科目とAdvancedは同じ科目名のものを重複履修できません。
  2. 「海外短期語学講座」も一部の学科を除き語学の単位として認定されます。詳細は『履修要覧』を参照して下さい。詳細はこちら
  3. 総合科目とAdvancedは週2回、その他の科目は週1回授業が行われます。

コア科目

初級(レベル1・2)

イスパニア語総合1・2(初級)

『イスパニア語総合1』はイスパニア語をはじめて学ぶ学生を対象とした授業です。基本的なコミュニケーションに必要な動詞や語彙、文法等を順次学んでいき、それらを使って日常生活など自分の周囲の事柄について単純な会話を行う力を身に着けることを目指します。『イスパニア語総合2』は『イスパニア語総合1』に続く授業で、初級レベルの文法や文型を身につけ、好みを言ったり商業施設・病院など日常生活における様々な場面で基本的な対応できるコミュニケーション力を身につけることを目標とします。

中級(レベル3・4)

イスパニア語総合3・4(中級)

『イスパニア語総合3』はイスパニア語初級を修得した学生を対象とした授業です。過去に言及するなど個人レベルでのより深い会話ができる力を身に着け初級学習時よりも効果的なコミュニケーションができるようになることを目標とします。『イスパニア語総合4』は『イスパニア語総合3』に続く授業で、これまでに修得した知識を基により複雑な日常会話を行えることを目指すと同時に、個人や社会の問題などについて話し、意見を言えるようにします。

上級(レベル5)

イスパニア語上級 A~H

『イスパニア語上級』はイスパニア語中級を学習した学生を対象とした授業です。中級よりも深いレベルで文法、会話、読解、聴解または複数のスキルを向上させることを目標にします。授業はイスパニア語で行われます。
扱う内容は文化的・社会的テーマや時事問題、映像、講読用の資料など、各担当教員によって異なります。また、それぞれの授業でフォーカスされるコミュニケーションスキルや対象となるイスパニア語の地域も異なるので、複数受講することによってより幅広くイスパニア語を理解することが可能になります。

Advanced Spanish (Integrated Skills) A~D

『Advanced Spanish』はイスパニア語中級を学習した学生を対象とした授業です。FLA(国際教養学部)の学生向けの科目でしたが、2018年度からはすべての学部の学生が履修可能となっています。
授業は全てイスパニア語で行われます。取り扱うテーマは担当教員によって異なりますが、どの授業も中級までに学習した内容を深め、応用していくことにより、イスパニア語のコミュニケーション力を上げることを目標としています

※2019年度は「イスパニア語上級A~D」と「Advanced Spanish (Integrated Skills) A・B」は開講されません。

オプション科目

イスパニア語やイスパニア語圏の地域についてさらに学びたい皆さんを対象に特定のスキルを向上させる機会、及び文化について学ぶ機会を提供します。取り扱う内容は各担当教員によって異なります。2019年開講科目は以下の通りです。

イスパニア語演習ⅠA・ⅠB(イスパニア語圏の言語と文化)

イスパニア語圏の社会と文化について総合的に学び多様な文化の背景にある自然環境、歴史、政治、経済、社会等に関する理解を深める授業です。

イスパニア語演習ⅡA・ⅡB(スキルアップ)

担当教員が特に力を入れたいスキルを選び、それを中心に伸ばしていきます。ひとりひとりの力に合わせて授業を進めていきます。

イスパニア語演習ⅡA・ⅡB(イスパニア語圏の言語と文化)

イスパニア語圏の社会と文化について総合的に学び、理解を深めていく授業です。読解や聴解等の教材を用いて、文法、語彙、表現力の向上を目指すと同時に、批判的に考える力を養います。

ソーシャルメディア