フランス語French

授業の紹介

※履修登録に際しては、『履修要覧』も必ず確認してください。

  1. 総合科目は同じ科目名のものを重複履修できません。
  2. 「海外短期語学講座」も一部の学科を除き語学の単位として認定されます。詳細は『履修要覧』を参照して下さい。詳細はこちら
  3. 総合科目以外、授業は週1回行われます。

コア科目

初級(レベル1・2)

フランス語総合 1・2(初級)

『フランス語総合1』はフランス語をはじめて学ぶ学生を対象に、フランス語の正しい発音、基礎的な文法や語彙・表現を学び、総合的なコミュニケーション能力を付けることを目的としています。週に2回、同一の教科書を使用して授業を行います。さまざまなアクティビティーを通して、フランス語に慣れ、「聞く・話す・読む・書く」の4技能をバランスよく身につけましょう。現在時制を使って、自分のことを語ったり、相手のことをたずねたり、何かを描写したり、欲しいものを伝えたりできるようにします。

『フランス語総合2』は『フランス語総合1』に引き続き、初級レベルのフランス語の基礎を学び、総合的なコミュニケーション能力を身につけることを目的としています。日常生活の具体的な事柄や自分の意思を簡単な言葉で伝え、相手の言ったことを大まかに理解する力をつけます。現在時制に加え、過去時制を使って、感想を述べたり、自分の好みを伝えたり、過去の出来事について語れるようにします。

中級(レベル3・4)

フランス語総合 3・4(中級)

『フランス語総合3』はフランス語初級を習得した学生を対象とした授業です。未来について語る、過去の状況を描写する、理由や目的をいう、決心やアドバイスを伝える等、日常生活の具体的な事柄に限らず、より抽象的な分野についてもフランス語で表現し、相手の言ったことを理解する力をつけることを目標にします。

『フランス総合4』は『フランス総合3』に続く授業で、総合的なコミュニケーション能力をさらに高めるとともに、異文化を理解し、文化、社会、政治などの分野についても理解を深めることを目的とします。様々な時制や法を使ってより複雑なニュアンスを伝えたり、関係代名詞や接続詞等を使ってより高度な文を作り、論理的に話すことを目指します。

上級(レベル5)

フランス語上級 A~P

『フランス語上級』はフランス語中級を習得した学生を対象とした授業です。扱う内容は口頭表現や聴解、フランス語圏の言語と文化の理解など、各担当教員によって異なるので、複数受講することによりさらなるスキルの向上が可能になります。

※2017年度は「フランス語上級A~H」は開講されません。

オプション科目

フランス語やフランス語圏の地域についてさらに学びたい皆さんを対象に、オプション科目で特定のスキルを向上させる機会、及び文化について学ぶ機会を提供します。コア科目と組み合わせることにより、週3回、4回のインテンシブコースを自分で組み立てることができます。コア科目を補う内容となっていますので、意欲的に履修しましょう。取り扱う内容は各担当教員によって異なります。開講科目は以下の通りです。

フランス語演習ⅠA・ⅠB(スキルアップ-文法)

フランス語の初学者から初級終了レベルの学生を対象に、文法の基礎を一通り学習します。初級終了レベルの復習や、文法知識の整理、文献講読のための準備にも役立ちます。

フランス語演習ⅠA・ⅠB(スキルアップ-発音・会話)

フランス語の初学者から初級終了レベルの学生を対象に、発音と会話に特化した訓練をします。フランス語でのコミュニケーションを円滑にするために、正しい発音を確認し、自信を持って会話する手助けをします。

フランス語演習ⅡA・ⅡB(スキルアップ)

フランス語の初級終了レベル以上の学生を対象にしています。
初級文法の知識を前提に、フランス語で書かれたテクストを用いて語彙力・読解力を高めることを目標にします。

フランス語演習ⅡA・ⅡB(フランス語圏の言語と文化)

フランス語の初級終了レベル以上の学生を対象にしています。フランス語圏に関する特定のトピックを選び、その背景となる政治、経済、文化、社会に関して理解を深めると同時に、語学力の向上を目指します。

フランス語検定対策ⅡA・ⅡB

フランス語の初級終了レベル以上の学生を対象にしています。ⅡAでは仏検3級、ⅡBでは仏検準2級・2級の合格を目指し、履修者のレベルとニーズに応じて、フランス語検定試験対策を行います。

※2017年度は「フランス語検定対策ⅡA・ⅡB」は開講されません。

ソーシャルメディア